コンテンツ

排水管からの水漏れ修理

水は人間にとって必要不可欠なものであり、その水を使う以上、排水は欠かせない行為です。しかしそれも排水管 水漏れにより、大きな修理を余儀なくされることがあります。排水管は普段目につかないものだけに、そこからの水漏れは発見が遅れがちになります。それではまず排水口のある場所を特定してみましょう。これらの場所には当然給水設備があり、多くの場合、給水設備と排水設備は一セットなっています。

■排水パイプの詰まりによる水漏れ

パイプの詰まりは、水漏れを引き起こす原因となります。パイプが詰まれば、当然水の流れは悪くなります。この詰まりが長い時間をかけて積み重なり、水の流れを阻害するようになってくると、いよいよ水は外に出ようとして管を破壊してしまうことになります。水を流すことによって毎日様々なゴミや髪の毛などの異物が流れていきます。それがパイプを詰まらせ水漏れの原因ともなっていくのです。
管は長ければ長いほど接続部分が多くなってきます。また、屈折した時なども接続部分が生じます。これらの接続部分の緩みが原因で漏水を起こすこともあります。この管の緩みは前述したようなパイプの詰まりからも生じますが、それ以外には地震などの大きな揺れによる振動、あるいは生活の中で起こる様々な振動、経年劣化などが原因となって緩んでいきます。その緩んだ部分から少しづつ水が漏れだし、しまいには止まらなくなってしまうのです。

■原因を取り除く

排水管からの水漏れを修理するには、まず原因を取り除くことです。上述しましたように、注意すべき点は異物を流さないことです。ネットなどを使ってゴミが流れないようにすることも良いでしょう。また、常に掃除を心掛けます。パイプ洗浄の為の重曹なども売っていますから、それらを利用します。この時、洗剤などを大量に使うのではなくなるべく少量でゆっくりと、しかも何度かに分けてこまめに行います。そして、流すのは水ではなくてぬるま湯が効果的です。
次に、接合部分を触ったり目で見て漏水が確認できるようなら、その部分を少し締めてみましょう。これで止まるようなら良いのですが、くれぐれも注意しなくてはならないのは締めすぎてかえって管を破損してしまうことです。少し締めても改善されないようなら、諦めて業者に頼みましょう。

■まとめ
部品交換で直ることもあります。この時に注意するのは、交換する部品は必ず同じものを使うことです。もしくは同規格、代替可能品を選びます。さらに一番確実なのは、その部品を店に持ち込んで店員さんに選んでもらうことです。
ここまでして駄目な場合は、自力での修理は諦めて専門業者に頼むのが賢明です。簡単なことならば自分で修理することも可能なのですが、難しい場合やよくわからない時には自分で手を出さないことです。下手に手を出してかえって悪化してしまうことはよくあります。十分に注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ